CLIPPERS(東京都)

CLIPPERSは、東京都板橋区軟式野球連盟所属のクラブチーム。
伝統の板橋区連盟における初の東日本大会出場。結成18年目で初めて掴んだ、JSBB東京都大会出場切符で初出場初優勝を果たす(2008.4)。わずか10名に託された決勝戦。東京都制覇時は、内野手34才、36才、37才。骨折者、サポーターメンバーも出場した。これが本当の「チーム一丸」「全員野球」なのかもしれない。 CLIPPERSが、0のつく年に結成し、5のつく年に頭角を表し、8のつく年に証明した。

東京都代表チームとして出場する東日本大会でも、何か一発かましてくれる。
 
■伝説

2008年4月、東京都大会(2部)初出場初優勝。
決勝戦は、わずか10人のベンチ入り。
⇒内野は34才、36才、37才。結成当時の"おじさんたち"で優勝旗を掴んだ。
⇒サポーター、骨折者も出場せざるを得ない状況・・サポーターグルグル巻きで執念のWIN!

(キーワード:奇跡、怪物、30代の星、骨折、18年目の初出場初優勝)

■結成

1990年8月、現代表の田平氏と、コンビニエンスストアの従業員を中心に20名で結成。横浜ベイスターズモデルのユニフォームでスタートしている。

■チーム名

結成当時のチーム名は"ブルークリッパーズ"。(コンビニのイメージカラーであるブルーと、仲間同士をつなぎとめるという意味のクリッパーの意味)
その後、クリッパーズとなり、2006年から「CLIPPERS」に改称している。

■歴史

○1990年〜

結成後、人事編成などを重ね、新日本スポーツ連盟において関東大会出場などの結果を残すようになる。

○2005年〜

頭角を現したのは、2005年シーズン。実に結成15年目のことだった。

ストロングリーグ初参戦となったこの年、いきなり「超注目チーム(2005年版)」に抜擢される。エアロックカップで、瞬く間にトーナメントを勝ち上がり、ヤンキースに次ぐ準優勝を果たし、ジャパンカップ参戦。

ジャパンカップ'05(関東)でも、怒涛の快進撃で勝ち進むと、第三位入賞を果たす。最後は、準決勝において、チキンズの前に惜敗を喫し、決勝(明治神宮野球場)進出を逃した。しかし、苦しいチーム事情の中、最後まで諦めることない前向きな姿勢はここでも健在であった。内野手である田平代表がマウンドに登り、力投した。私設のプライドリーグにも参戦し活躍のほか、幹部チームとしてチーム交流にも貢献するなど、チームの歴史を語る上でも避けて通れないほどの充実の1年を過ごした。

○2006年〜

一躍、強豪チームの仲間入りを果たし、その後、ストロングリーグ各大会で、常に優勝候補の一角に推されるが、上位に食い込みながらも、あと一歩のところで敗戦を喫し、思うような成績を残せず。一方で、板橋区連盟に加盟し最下部から連続優勝を重ね、あっというまに2部へ昇格する。異例のスピード出世で関係者を驚かせる。

○2008年〜

運命の時。満を持して、板橋区を代表し、JSBB:東京都春季軟式野球(2部)に出場し、前人未到の初出場初優勝を果たす。本来ならば、3部大会へ初出場し、やっとの思いで優勝し、次回大会から2部参戦を果たすのが常識だが、いきなりの2部大会参戦で、それも優勝を成し遂げた。ストロングリーグ登録チームでは、REDHILLや、Y.Sクラブらに続いて2007年、2008年の2シーズンで3チーム目となる2部大会優勝劇であるが、初出場初優勝はCLIPPERSだけである。


■初出場初優勝(2008.4)

骨折者、サポーターも出場、内野陣は34才、36才、37才・・ ――

JSBB;東京都春季大会(2部)―― 素質にあふれる選手が多く、勝負強いチーム力を持つCLIPPERSなので、まともに優勝する力は備わっており、ある意味で、誰も驚かない優勝劇なのだが、その道のりはあまりにデンジャラス。よって、"奇跡の初出場初優勝"といって過言でない。

CLIPPERSは、球団創設以来となる、崖っぷちの境地で、東京都2部の頂点に輝いた。夢と希望を与える初出場初優勝劇である。

【重要】伝説:プレイバック――

1回戦から、大接戦の連続。ただでさえ、これまで戦ってきたメンバーが就職活動等で参戦できない状況下にあり、間違っても「不安要素なし」とは言えない状態であった。いかにして克服し、全勝優勝を達成したのか。気持ちだ。ドラマだ。

CLIPPERSは、臆することなく、次々と、激戦をしぶとく制した。準決勝では、9回二死まで3点をリードされていながら、ミラクル大逆転を演じている。土壇場の叩き込みではなく、真っ向から寄り切る姿勢が功を奏した。

迎えた決勝戦は、伝説。前日に急性胃腸炎で病院から帰ってきた選手がベンチ入りし、辛くもギリギリ10人が集まり、臨戦した。試合を迎えるだけで一苦労の状況であった。フロントに回ったはずの代表:田平氏が半年ぶりにバットを握る状況であった。

内野手は、34歳、36歳、37歳(2年ぶりフル出場)という布陣。外野手が昨秋以来の公式戦出場選手と、骨折中の肩をサポーターでがちがちに固め、出場する選手もいた。いうならば、30代の星、、青春漫画の世界である。

結果、下位打線のバットが大爆発し、延長サドンデスを制した。

奇しくも、CLIPPERSにとって、この大会は、1回戦から決勝戦までの5試合すべてが、ストロングリーガーとの対戦であった。いつも負けても仕方ない好チームとの対決だった。ゆえに、中途半端な気持ちで望むわけにはいかなかった。思い切りぶつかったのである。決勝戦まで、ボロボロになって戦い抜いて掴んだ優勝旗。

結成初期の"おじさんたち"で掴んだ栄光の金。CLIPPERSナインにとって、生涯忘れることのできない東京都大会となった。

「野球はやっぱり、勝ちたい気持ちとチームワークなのかなぁ」田平代表。
さすがの闘将も、結成当初からのメンバーとの東京都大会制覇に、涙がこぼれたという。

■初出場初優勝(反響、舞台裏)

・1回戦、2回戦と勝ち上がった時点で、連盟所属のストロングリーガーの間では「CLIPPERSが優勝しちゃう」というコメントが多発していた。

・「優勝しちゃう」=止まらない。(何か)持っている。これは勢いじゃない。→結果、ものの見事に頂点に立つ

・絶体絶命の中、自身の帯をしめるかのように田平代表は決勝戦出発の朝にWEB日記を綴っている(このような状況下だが、とにかく力を出し切ることを高らかに宣言)

・優勝の瞬間、田平代表がまず取った行動は、これなかったメンバーはじめ、応援してくれた関係者、ライバルチームへの報告メール(TEL)だった

・東日本大会では、私達野球人が目標とすべき、応援スタンドからの「パパーー」の声が響き渡ることになる(大合唱になり兼ねない)

・ジャパンカップ'05関東第三位入賞以来、ストロングリーグでは全国出場はなかったが、東京都制覇により、2シーズンの沈黙を破り、並みの勝負師でないことを証明した。

・板橋区連盟参戦後、連戦連破。連続優勝ですぐさま2部昇格しており、板橋区連盟および関係者にとっては、なんの不思議も無い東京都制覇でもあった。

■リンク

チーム情報ページ
http://www.baseball.gr.jp/database/database.cgi?cmd=dp2&num=432
超注目チーム(2005)
http://www.baseball.gr.jp/08picup/
公式サイト
http://www10.ocn.ne.jp/~clippers/


[公式サイト] 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画 ストロングリーグ公式Twitterアカウント

 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ

トラックバックURL

   
  •   ブログパーツ

CLIPPERS(東京都) へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

CLIPPERS(東京都) へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

CLIPPERS(東京都) にコメントする
絵文字
 


 

 

草野球の殿堂-最新記事
草野球の殿堂-記事検索
草野球の殿堂-月別記事
草野球の殿堂-カテゴリー
人気の草野球ドーガ記事

 

草野球;ドーガ全部

 

草野球;JAPAN動画

 

草野球;チーム動画

 

草野球;投手動画

 

草野球:打者動画

 
ストロングリーグch /YouTube
OPEN!! ストロングリーグチャンネル
 

ストロングリーグは"YouTube"公式パートナー
です。ストロングリーグチャンネルを配信中。

逆アクセスランキング
アクセスランキング

貴チームサイトからの一定期間のアクセス数をさかのぼって集計し、ランキング表示してます。相互リンクでPR!参加方法はこちら (無料)

ブックマーク・RSSフィード

ブログランキング
人気ブログランキングへ


草野球ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 草野球へ
 

QRコード
QRコード
公式戦参加チーム様へ
新しいページ 22

ストロングリーグ公式戦参加チーム様へ...当ブログは、ストロングリーグ公式サイトと区別されていますが、ストロングリーグ最新情報の更新スピードをUPするため、公式サイトと連動し情報公開しています。重要事項は必ず、ストロングリーグ公式サイトトップページよりこちらへリンクするものとなりますので、公式戦参加チーム様は公式サイトのチェックをおこなっていただくことで当ページへのリンクを通じ情報を得られる形式となりますのでご安心下さい。常に公式サイトをチェックいただくことで重要事項へリンクします。

リーグ公式アカウント
   
 

ストロングリーグ公式サイト
[TOP] 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会
 
フェイスブック公式アカウント
ストロングリーグ公式フェイスブックページ 

Twitter公式アカウント
ストロングリーグ公式Twitterアカウント   
YouTube公式チャンネル
ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画

 
  リーグ戦:2012(秋)最終受付
   
  鳥谷敬選手オリジナルロゴブランド
鳥谷敬選手オリジナルロゴブランド
   
  井口資仁選手オリジナルロゴブランド
井口資仁選手オリジナルロゴブランド

   
 

   

 
 

全国軟式野球ストロングリーグ 草野球大会

  • ライブドアブログ

トップに戻る