Y.Sクラブ(神奈川県)全国制覇達成、第53回高松宮賜杯1部全国大会(IN熊本)

sse第53回高松宮賜杯全国大会1部は、Y.Sクラブ(神奈川県)さんが、みごと優勝を飾りました。心より拍手を送ります。
関係者の皆さんおめでとうございます。

IN熊本。近々、VTRでお伝えしたいと思いますが、開会式では、『東京都代表:経堂農大通り野球クラブ〜神奈川県代表:Y.Sクラブ』と、ストロングリーガーの皆様もご存じの両チームが、続いてコールされ、入場行進。開会セレモニーにて、並んで整列するシーンも観られ、劇的瞬間多々。(つづき)


躍動、経堂農大通り野球クラブ(東京都)入場行進
JSBB高松宮賜杯全国大会。権威ある大会で、ストロングリーガーが活躍されました。特別部所属チームが優勝を飾りました。ストロングリーガーの方々へご報告と致します。ストロングリーグはチーム交流をテーマに、安全&健全な競技野球の場を展開する「JSBB」ルールに基づき開催しています。JSBBでの好結果に繋がる要因のひとつと考えています。互いにレベルアップを目指し、高め合っていきたいものです。


■Y.Sクラブ(神奈川県) 全国制覇

開会式..経堂(東京)、Y.Sクラブ(神奈川)が順に整列したY.Sクラブは、ストロングリーグにおいては、2006年のSC1部優勝、ジャパンカップ06関東BEST4が最高成績。翌年よりSC特別部に所属しここ数年、常に優勝候補の一角として活躍するがタイトルなし。

しかし今年、年頭の猛稽古が高評されSS2009(東日本)に初の推薦出場を果たすと、圧倒的な猛攻で優勝を飾った。

開会式後、唯一入念にミーティングをおこなっていたY.SクラブJSBB高松宮賜杯全国大会1部出場は2年ぶり。前回は東京都代表チームとしてBEST4進出と大健闘した。そう、ジャパンカップ出場を逃している間も、JSBBで輝かしい結果を残してきた。しかし何か物足りない。全国の荒波突破を視野に、強行策にでた。球団初となる、ストロングリーグ3大大会全出場を決定した。夏には炎天下で、SSダブル&SC特別部を消化するなどトリプルヘッダーも実施。少なからず熊本を意識した、怒涛のプログラミングで、底知れぬ何かを伸ばしていった。

ストロングリーグ10周年を目前に、ストロングリーガーの経験知が、どのレベルまで到達してきたか、といった意味でも今回の熊本は注目のシリーズであった。

○第53回高松宮賜杯 1部全国大会
優勝:Y.Sクラブ(神奈川):
1回戦 5-4 (延長10回)/ 2回戦 10-0/ 3回戦 12-2/ 準決勝 4-2  (延長11回)/ 決勝 18-2

■「満を持して」

炎天下、ベンチ全員で戦い抜いた3日間で5試合、48イニングス
を戦い優勝したY.Sクラブ。
大会初日から気温31度。全国大会ならではの強行日程にも、底知れぬスタミナ集中力が常に光った。年頭からみっちり、計画的に鍛えてきた成果だ。それと野球の面でも、遠征生活の面でも、前回出場の経験は大きかった。前回の第51回高松宮賜杯1部全国大会はIN福井県。厳密に言うと、3年前にも東日本大会2部に出場している。その時はIN北海道だった。

■ワイエス野球

送りバントから長打まで振るった... 大久保選手Y.Sクラブの野球といえば、ここ数年は、良くも悪くも「守りのチーム」のイメージがつきまとっていたが、年頭、由良監督が掲げた「堅い守りを前提とした、オフェンスの強化」に努め、走攻守の伴ったバランス良いチーム力が備わった。
SS2009(東日本)に引き続き、"猛打のワイエス"が炸裂。
なんと、5試合中、3試合で2桁得点を挙げる猛攻。決勝戦では18得点を叩き出しフィニッシュした。

準備あってこそ 常時リラックスし試合に臨んだその他の2試合については延長戦に突入し、これを制した。ここできちんと元ディフェンダーの渋とさ。

もうひとつ加えておくと、「気合い」に頼らなくなった。もちろん、全員が戦闘モード全開だが、不思議なことに鬼のような形相でプレイするメンバーが見当たらなくなった。ただし年頭から、鬼のような猛練習は繰り返してきている。

■想像を絶する過酷さ

準々決勝..片岡選手が叩き市川選手本塁生還それにしても、全国大会は過酷だ。ただでさえ、全カードが各都道府県を代表するチャンピオンチーム同士の激突。それを決勝戦までに3日で5試合というハードスケジュールをこなす。さらに、大遠征先ともなれば、メンバー管理、集中力持続の難しさ、それから宿泊のこと、金銭面、体調管理、それと移動(今回のY.Sクラブは決勝戦までの5試合を熊本県内4つの会場で戦った。移動距離は200キロを突破)。

全国大会で課せられる項目の数々は、とにかく想像を絶する。開会式では多数の大型遠征バスが次々と来場する中、彼らは威風堂々、レンタカーで剣山した。これはもう心身のタフさと、開催期間中の生活習慣までも問われる。生活習慣といえば、期間中、由良監督や小野寺主将の呼びかけで、ナインは特にお祭り騒ぎすることもなく、初日から一貫してサムライ。チーム内のコミュニケーションで士気をキープ。早寝早起に徹したようだ。

■総力戦

Y.Sクラブは、計48イニングに7人の投手を送り込んだ。片岡投手、高橋投手、加賀谷投手、相原投手、飯塚投手、市川投手、向山投手。おもしろいことに、SS2009(東日本)優勝投手のヤオサ投手は登板していない

好守、好走、本塁打、自らマウンドにも登った市川選手今回求められたのは、もはや選手層の厚さというよりも戦い方や選手個々のプレイヤーとしての幅、器用さ。これもY.Sクラブの持ち味。
怪我の具合いを懸念された高橋投手については、あっさりと登板を決意すると、あわやノーヒットノーランという好投を演じている。二塁手;向山選手、遊撃手;市川選手もマウンドに登った。


攻守の要:市川(遊)、片岡(一)、大久保(三)、向山(二)結局、優勝までの5試合で、同一ポジションで全イニングフル出場した選手はひとりも居なかった。ひとことでいえば全員野球。7人の登板は勿論、強力打線に助けられてのもの。Y.Sクラブは全5試合で先取点を奪った。決勝戦では、小野寺選手、市川選手(2発)の本塁打を含む18得点、今のY.Sクラブを象徴するようなフィニッシュの仕方。


こうして、Y.Sクラブが第53回高松宮賜杯1部全国制覇を達成した。
2年前、監督として出場した前田氏は優勝の瞬間、人目を暴からず男泣きした。メンバーはというと、準決勝の延長と決勝戦の猛打爆発により、帰りのフライト時刻が押し迫り、表彰式の最中は、時計ばかり気にしていた。ちょっとけなげで、ちょっとしっかり者。これもY.Sらしさ。


■優勝コメント

○由良亮二監督

「ストロングリーガーの皆様ありがとうございました。ストロング代表のつもりで一丸となって戦いました。1つ目標を達成することができて本当にうれしいです。まだ大舞台が残っています。本当の意味で良い年にできるように秋に向けて調整していきたいです。」

○小野寺俊介主将

「ストロングリーガーの方々に感謝しています。まるで兄弟のように喜びあえて幸せです。あと、とにかく家族に感謝したいです。おかげで3日間、野球だけに集中することができました。熊本遠征、ずっと忘れません。」

■今後

ys-ss今大会のY.Sクラブ。本当に強かった。決勝戦では、同じストロングリーガーである経堂農大通り野球クラブ(東京都)や、1回戦で死闘を演じた周球会さん(青森県)が応援にかけつけてくれた。

2009ラストスパート。次なる大きな目標は、3年ぶり2度目の出場となるストロングリーグ全国統一王座決定戦「ジャパンカップ09」全国制覇である。

面白いのは、彼らがストロングリーグに燃えているのは、ファイナルでプロスタで試合をしたいわけではない。ではなぜか。同じクラブチームを中心とした野球人たちとの、本当の真剣勝負を味わえるからだという。「(全国制覇しても)正直、JCで簡単に優勝できるとは思えないです。気を引き締めたいです。」監督の由良氏もその辺しっかりしている。

ちなみにY.Sクラブは、史上初の「ストロングリーグ三冠」の可能性を残している(SS優勝/SC 現在BEST16/AC 現在BEST4)。いずれにしても、Y.Sクラブは、すでにSS2009(東日本)を制し、本年度のジャパンカップ出場を決めている。リーグ史上最強馬として認められる可能性がある。

史上初、JSBB高松宮賜杯1部全国優勝チーム参戦。 どうする。

----

ワイエスクラブの皆様、目標であった全国優勝おめでとうございます。出場チームの皆様、関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。各都道府県代表チーム様のチームプレーの数々、魅せられました。野球の楽しさ、面白さ、難しさ、たっぷり詰まった素晴らしい大会でした。

----

■写真

ストロングリーガー躍動!第53回全国大会高松宮賜杯1部【開会式ほか】
http://www.baseball.gr.jp/photograph/090918.htm

----

■関連記事

第53回高松宮賜杯1部  関東大会優勝時点
http://strong99.livedoor.biz/archives/50493840.html

第53回高松宮賜杯1部 神奈川県大会優勝時点
http://strong99.livedoor.biz/archives/50478179.html


■関連ページ

Y.Sクラブ(神奈川県川崎市)
http://www.baseball.gr.jp/database/database.cgi?cmd=dp2&num=86

豪腕100選
http://www.baseball.gr.jp/gowan100/

超注目チーム(2007) その後、2度の都県制覇を達成
http://www.baseball.gr.jp/08picup/ysclub.htm


■動画; Y.Sクラブ

Y.Sクラブの第53回高松宮賜杯全国大会直前インタビュー(3分10秒過ぎから)

http://www.youtube.com/watch?v=rXgy1HD8J_c

Y.Sクラブの神奈川県大会優勝時のVTR

http://www.youtube.com/watch?v=AXki_lFK8Yo


[公式サイト] 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画 ストロングリーグ公式Twitterアカウント

 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ

トラックバックURL

   
  •   ブログパーツ

Y.Sクラブ(神奈川県)全国制覇達成、第53回高松宮賜杯1部全国大会(IN熊本) へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

Y.Sクラブ(神奈川県)全国制覇達成、第53回高松宮賜杯1部全国大会(IN熊本) へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

Y.Sクラブ(神奈川県)全国制覇達成、第53回高松宮賜杯1部全国大会(IN熊本) にコメントする
絵文字
 


 

 

草野球の殿堂-最新記事
草野球の殿堂-記事検索
草野球の殿堂-月別記事
草野球の殿堂-カテゴリー
人気の草野球ドーガ記事

 

草野球;ドーガ全部

 

草野球;JAPAN動画

 

草野球;チーム動画

 

草野球;投手動画

 

草野球:打者動画

 
ストロングリーグch /YouTube
OPEN!! ストロングリーグチャンネル
 

ストロングリーグは"YouTube"公式パートナー
です。ストロングリーグチャンネルを配信中。

逆アクセスランキング
アクセスランキング

貴チームサイトからの一定期間のアクセス数をさかのぼって集計し、ランキング表示してます。相互リンクでPR!参加方法はこちら (無料)

ブックマーク・RSSフィード

ブログランキング
人気ブログランキングへ


草野球ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 草野球へ
 

QRコード
QRコード
公式戦参加チーム様へ
新しいページ 22

ストロングリーグ公式戦参加チーム様へ...当ブログは、ストロングリーグ公式サイトと区別されていますが、ストロングリーグ最新情報の更新スピードをUPするため、公式サイトと連動し情報公開しています。重要事項は必ず、ストロングリーグ公式サイトトップページよりこちらへリンクするものとなりますので、公式戦参加チーム様は公式サイトのチェックをおこなっていただくことで当ページへのリンクを通じ情報を得られる形式となりますのでご安心下さい。常に公式サイトをチェックいただくことで重要事項へリンクします。

リーグ公式アカウント
   
 

ストロングリーグ公式サイト
[TOP] 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会
 
フェイスブック公式アカウント
ストロングリーグ公式フェイスブックページ 

Twitter公式アカウント
ストロングリーグ公式Twitterアカウント   
YouTube公式チャンネル
ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画

 
  リーグ戦:2012(秋)最終受付
   
  鳥谷敬選手オリジナルロゴブランド
鳥谷敬選手オリジナルロゴブランド
   
  井口資仁選手オリジナルロゴブランド
井口資仁選手オリジナルロゴブランド

   
 

   

 
 

全国軟式野球ストロングリーグ 草野球大会

  • ライブドアブログ

トップに戻る