昨年は高松宮賜杯全国優勝、東京バンバータ(東京都港区)東京都大会2部優勝!平成24年度第34回東日本軟式野球大会1部(北海道)出場!東京都を代表し2冠目挑戦

banbaata2011京バンバータ(東京都港区)が、東京都春季軟式野球大会2部を優勝した。これにより、来月北海道でおこなわれる平成24年度第34回東日本軟式野球大会1部へ東京都代表チームとして出場することが決定した。ご存知、昨年は、東京都代表チームとして、第55回高松宮賜杯全国軟式野球大会2部に進出し、初出場ながらみごと全国優勝に輝いている。創部わずか3年にして、ひとつの夢を掴んだ。

平成24年東京都春季軟式野球大会2部では、東日本大会出場切符をめぐって、熾烈な戦いが繰り広げられた。同じく、これまで、ストロングリーグで活躍した昭和クラブや、NTTドコモ野球といった歴史ある試合巧者を相手に、好試合を連発した。結果、そのまま優勝を飾り、昨年の東京都大会3部制覇に続いて、都大会「昇格連覇」を達成。次々と最年少記録を塗り替えた貴花田の快進撃をプレイバックするかの如く、白星を重ねあげ、草野球界の新人王は東日本大会1部出場を決めた。


元プロの庄司選手も必死だ京バンバータと言えば、多くのステージで活躍したことから、近年もっとも草野球界を賑わしたチームの1つに挙げられる。意外にも、結成は2008年とまだ新しく、長い目で見れば、実はまだその歴史を歩み始めたばかり。
ストロングリーグの歴史に照らし合わせてみるとするならば、たとえば、あのヤンキースやREDHILLがジャパンカップを優勝した頃(2005-2007)にはまだ結成されていない。

東京都春季軟式野球大会 組み合わせもかかわらず、結成直後からマルハンドリームカップ関東大会優勝、サンスポ野球大会東日本ファイナル進出など、全国区の草野球オープン大会で大車輪の活躍をみせた。
重要なのは、これらに加え、近年、本格的に全日本軟式野球連盟傘下の戦いに力を入れ、早くも昨年、結成からわずか3年にして第55回高松宮賜杯全国優勝を達成したという事実とその過程。クラブ結成3年のJSBB全国制覇の事例は、ちょっと記憶にない。東京バンバータの強みは、深いところにありそうだ。

緻密なお祭り野球とは!?!?もそも、東京バンバータって、どんなチームなのだろうか?まず気になるメンバー構成については、2年前の春に、チームブックで特集されたとおり、確かに、その顔ぶれは凄まじい。元プロ野球選手、ノンプロのスター選手、甲子園5度出場者、とキャリアは半端じゃない。
だが、チーム内では、そういった過去の野球歴で人間を評価しないというのがメンバー共通の意識として定着しており、全員が横一線、真剣になって白球を追っている。

ずばり、チームの目標は「草野球日本一!」で、プレイスタイルは「緻密なお祭り野球!」と、シンプルかつ大胆。もちろん本気で頂点を目指しているし、そのための務めは怠らない。

球を通じて、かっこいい、デキる男になる――

ストロングリーグではSS2010東日本制覇でジャパンカップ出場を経験東京バンバータというチームの活動を語る上で、特筆すべきは、「野球を通じて、かっこいい、デキる男になる」これが、活動の"目的"であるということ。
メンバーは、会社経営者、現役のアナウンサー、まさかの漁師。と、職業は様々だが、ビジネスマンとしてデキる男になろう、ということでそれぞれの分野で月曜から日曜まで輝く。熊本監督は、本まで出しちゃった(「たかが草野球」で人生が変わる / 熊本浩志氏)ほど、結成当時から、草野球の奥を確信している。

反対にいうと、メンバーは、ただ野球をしに、毎週ここにきているんじゃない。まず社会人として(学生として)、本業に専念した上で、毎週末、夢中になって野球する。「"仕事優先"が当たり前」というのが大前提。一社会人としての充実の日々なくして、野球を楽しめるわけがないわけだ。このポリシーをもってして、創部わずか3年にして、天皇賜杯と並んで、我が国で最も権威ある大会に位置づけられる高松宮賜杯全国杯制覇達成。クラブチームに成し得る究極の"在り方"を証明してみせた。

よいよ、ひと月後に迫った東日本大会――

球団ギアが熱い昨年の全国大会出場時の福岡県に続いて、こともあろうか今度は北海道開催。大遠征・第2章の幕開けだ。都内のクラブチームにとって、九州、北海道での開催は、あらゆる面で、決して楽な条件とは言えない。
ところが、東京バンバータにはこれをむしろチカラに変える集団であることは、ものの見事に前回(福岡)見せつけられた。
どうやら彼らの、本当の強さ、チームワークといったものは、グラウンド以外のところにあった。

前回、全国大会出場(IN福岡)が決まると、熊本浩志監督は"運営面"の重要性を掲げ、なんと、「オペレーションチーム」、「パフォーマンスチーム」、「エンタメチーム」、「アライアンスチーム」と、チーム内に5つの部署を構成。メンバー全員が、いずれかの部署に所属し、遠征準備にあたった。万全を期しての全国制覇。
各部署の役割は熊本浩志監督のオフィシャルブログで紹介されているが、熊本氏は、JSBB全国制覇は実に難しかった、強いだけで勝てない、とした上で、「(期間中)メンバーは各自の役割を完璧にこなしてくれた」と発言しており、運営面の充実が優勝につながったとしている。"デキる男"を目指す東京バンバータでは、メンバー全員がマネジメントに携わり、チームを日々成長させていた。
 
ころで、今回、東京バンバータが出場する東日本大会1部には、同じくストロングリーガーで、埼玉県代表チームとして東日本大会出場を決めたアスレチックス倶楽部がいる。そう、アスレと同じステージに立つのだ。ジャパンカップで激突した相手と、全日本軟式野球連盟の全国大会の舞台に名を連ね、集い、入場行進する。それも初夏の北海道で。こんなに輝かしいことはないぞ。

両軍のチームのカラーはいずれもグリーンを基調としていることもあり、直接対決が実現したならば、ストロングリーガー歓喜の"カメレオンダービー"勃発。おそらく、彼らは叶えてみせるだろう。もちろん決勝戦が望ましいのだが。と、東京バンバータの"ストロングリーグでの活躍ぶり"をすっかり紹介しそびれたが、彼らに夢を託し、あえてこの辺で、キーボードを伏せようと存ず。

最後に、東日本大会出場にあたり、東京バンバータ・熊本浩志監督、伊達泰三主将から、東京都大会レビュー付きで、ストロングリーガーの皆さんへメッセージを頂戴しました。

今回、取材協力いただい東京バンバータの皆様ありがとうございました。ご活躍が楽しみです。

京バンバータ 熊本浩志監督

‥豕都都大会レビュー

春のオープン戦から、2012年版の新バンバータの戦い方を作り上げていく東日本大会に向けての挑戦で、軟式野球を極めるための新たな挑戦でした。まだまだ未完成ですが、都大会での試合を重ねるごとに徐々に形になってきました。


東日本大会に向けて

東日本大会1部では、東京都代表として、ストロングリーグの代表として、優勝旗を持ち帰りたいと思います。応援よろしくお願いします。

京バンバータ  伊達泰三主将

‥豕都大会レビュー

春先のオープン戦から勝てず、チームとしてもがいていた中で初戦を迎えたのですが、初回に2点を先制される嫌な展開からスタートしたのを覚えています。しかし、その裏の回に、フォアボールからの3連打で逆転してから良い流れができてきました。思えばこの時に、春先から取り組んできたことが形作られてきたことをチームとして実感できたのだと思います。勝てていなかったせいか、個人個人の危機感もあり、毎試合課題を持って試合に取り組んできました。小さな課題でも、一つ一つチェックボックスを作って、チームとして全員で確認、実行して行く。この試合に勝った後も、同じように課題を持って次の試合の準備をしてきました。その結果として、試合に勝つことができ、うまくチームとしても乗って行けたのだと思います。

東日本大会に向けて

このような歴史ある大会に、東京都を代表して参加することができ、とても光栄に思っております。
大会に臨むにあたり、メンバーも意識を高く持って毎週末の試合に取り組んでおります。
やるからには、優勝を目指し、東京都代表の名に恥じぬよう、バンバータの「緻密なお祭り野球」を展開してきます。ご声援のほどよろしくお願い致します。
--

■東京バンバータ オフィシャルサイト
http://tokyo-bambaataa.com/

■東京バンバータ・熊本浩志監督ブログ (第55回高松宮賜杯全国優勝)
http://ameblo.jp/tbbt21/

[DB] 東京バンバータ ストロングリーグ・チームデータベース
http://www.baseball.gr.jp/database/database.cgi?cmd=dp2&num=2223

(2012.5)並木裕太 熊本浩志 伊達泰三 梅田大喜 宮崎康之 伊東孝之 千田隆之 大塚義之 宮森淳樹 長尾達也 牧隆志 小林和稔 山崎大輔 八木英樹 草野岳治 高橋良輔 浅間敬太 渡辺純 平山勝雄 勝田和宏 廣島健光 川島淳 木城寿一郎 吉田隼人 矢部智誠 広岡聖司 橋本知周 黒坂洋介 小原慶治 藤本豊太 尾花祐介 坪井安奈 吉野昭子/ 敬称略

※2012年5月1日時点のストロングリーグ公式戦メンバーリストです。
JSBB選手登録内容と異なる場合があります。

[記事] 東京バンバータ 第55回高松宮賜杯全国大会優勝
http://strong99.livedoor.biz/archives/51021673.html

[記事] 東京バンバータ 草野球の殿堂 チームブック
http://strong99.livedoor.biz/archives/50628004.html

■全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会
http://www.baseball.gr.jp/


[公式サイト] 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画 ストロングリーグ公式Twitterアカウント

 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ

トラックバックURL

   
  •   ブログパーツ

昨年は高松宮賜杯全国優勝、東京バンバータ(東京都港区)東京都大会2部優勝!平成24年度第34回東日本軟式野球大会1部(北海道)出場!東京都を代表し2冠目挑戦 へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

昨年は高松宮賜杯全国優勝、東京バンバータ(東京都港区)東京都大会2部優勝!平成24年度第34回東日本軟式野球大会1部(北海道)出場!東京都を代表し2冠目挑戦 へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

昨年は高松宮賜杯全国優勝、東京バンバータ(東京都港区)東京都大会2部優勝!平成24年度第34回東日本軟式野球大会1部(北海道)出場!東京都を代表し2冠目挑戦 にコメントする
絵文字
 


 

 

草野球の殿堂-最新記事
草野球の殿堂-記事検索
草野球の殿堂-月別記事
草野球の殿堂-カテゴリー
人気の草野球ドーガ記事

 

草野球;ドーガ全部

 

草野球;JAPAN動画

 

草野球;チーム動画

 

草野球;投手動画

 

草野球:打者動画

 
ストロングリーグch /YouTube
OPEN!! ストロングリーグチャンネル
 

ストロングリーグは"YouTube"公式パートナー
です。ストロングリーグチャンネルを配信中。

逆アクセスランキング
アクセスランキング

貴チームサイトからの一定期間のアクセス数をさかのぼって集計し、ランキング表示してます。相互リンクでPR!参加方法はこちら (無料)

ブックマーク・RSSフィード

ブログランキング
人気ブログランキングへ


草野球ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 草野球へ
 

QRコード
QRコード
公式戦参加チーム様へ
新しいページ 22

ストロングリーグ公式戦参加チーム様へ...当ブログは、ストロングリーグ公式サイトと区別されていますが、ストロングリーグ最新情報の更新スピードをUPするため、公式サイトと連動し情報公開しています。重要事項は必ず、ストロングリーグ公式サイトトップページよりこちらへリンクするものとなりますので、公式戦参加チーム様は公式サイトのチェックをおこなっていただくことで当ページへのリンクを通じ情報を得られる形式となりますのでご安心下さい。常に公式サイトをチェックいただくことで重要事項へリンクします。

リーグ公式アカウント
   
 

ストロングリーグ公式サイト
[TOP] 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会
 
フェイスブック公式アカウント
ストロングリーグ公式フェイスブックページ 

Twitter公式アカウント
ストロングリーグ公式Twitterアカウント   
YouTube公式チャンネル
ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画

 
  リーグ戦:2012(秋)最終受付
   
  鳥谷敬選手オリジナルロゴブランド
鳥谷敬選手オリジナルロゴブランド
   
  井口資仁選手オリジナルロゴブランド
井口資仁選手オリジナルロゴブランド

   
 

   

 
 

全国軟式野球ストロングリーグ 草野球大会

  • ライブドアブログ

トップに戻る