【大会記事/ストロングカップ2012(春)】決勝トーナメント熱闘!特別部中心に完封の山!ベスト4進出チームが続々!(2012年6月25日号)

草野球チーム Snugs スナッグス 神奈川県相模原市勝トーナメントは、自慢のエースが仕上がり勝負強さをみせつける。いきなり完封ゲームの嵐だ。
特にここまで関東特別部、1部、関西でおこなわれた8試合のうち、実に7試合が完封ゲームという安定ぶり。特別部では初出場の草野球チーム・Snugsが旋風を巻き起こす。
結成わずか1年の彼らがいきおなりベスト4進出を果たすという事実は並々ならぬ完成度の証だ。それも地区大会を圧倒的な強さで勝ち抜いたRED SOXを零封しての四強入り。


合は、Snugs金城投手、REDSOX鈴木選手の先発マウンド。初回はお互い無得点の立ち上がりで、試合が動いたのは2回表、先攻Snugsの攻撃は5番千葉選手が四球で出塁し、続く6番有川(竜)選手のエンドランがライト前ヒットとなり0死23塁。続く7番有川(博)選手の内野安打の間に1点先制。ここでREDSOXは角田投手に継投するが、8番藤井選手が進塁打を打ち、1死23塁から9番佐々木選手の内野安打で1点追加し、この回2点先制で2−0。その後はお互い投手が好投をみせ、無失点で抑え結果2-0のまま試合終了。Snugsの勝利。ベスト4進出を決めた。

TABOO 草野球チーム タブー年、1部大会で準優勝し特別部に昇格しすっかりおなじみとなったTABOO。歴史ある軟式野球チーム相模原ウインズとの対戦を制してみごとベスト4進出を決めている。試合のほうはTABOOが3つの四死球でチャンスを広げると、百瀬選手がタイムリーヒットを放ち貴重な1点を先制する展開。その後両チームディフェンス陣が踏ん張ってゼロ行進となる。TABOO先発の永富投手はランナーを背負いながらも要所を締める粘りのピッチングを披露し相模原ウインズに得点を与えず。1-0という緊迫したスコアで勝利しベスト4進出を決めた。

SnugsTABOOという結成1〜3年という新しい草野球チームが、連盟でも実績のある実力派チームから勝利した。そんな彼らが次節・準決勝で直接対決する。互いにロースコアの接戦を勝ち上がってきた勝負師同士。Snugsは金城投手、大塚投手、有川投手。TABOOは永富投手、高橋投手ら豊富な投手陣が頼もしい。プレイングマネージャーであるTABOO永富氏の采配が明暗を分けそうだ。勝者が8/19(日)上柚木球場での決勝戦に駒をすすめる。どちらが勝っても特別部初の決勝進出となる。

前回準優勝 調布BIGWAVE 東京都軟式野球チームお彼らと向こう正面は7/1(日)に1回戦をおこなう。カードは調布BIGWAVEVSグレイトシャークスBarockVSイオギスポーツクラブ。調布BIGWAVEは前回総合順優勝チーム。対するグレイトシャークスはオープン戦の鬼。圧倒的な活動力で全国ランキングをも独走する。「今年結果を出さなければ..」と虎視眈々初タイトル奪取に燃えるBarockは一昨年のジャパンカップ全国大会総合第三位のイオギスポーツクラブと対戦する。この4チームのいずれかが、8/19(日)上柚木球場にてSnugsもしくはTABOOと決勝戦で激突する。


東日曜1部大会はベスト4が出揃った。オヤジーズMAX GREATクローンHOLLYWOODの4チームだ。

HOLLYWOOD 東京都草野球チームHOLLYWOODは2009年に特別部総合優勝を経験、MAX GREATは2部総合優勝を経験者とありハイレベルな顔ぶれ。
オヤジーズは参戦8年目にして初のベスト4進出を決めた。

年明けて望月投手を中心とした投手陣が好調、みごとな完封勝利で四強入りした。Bloopersと対戦し、3回に喜島選手のタイムリー安打で1点を先制すると、4回には戸田選手、田中選手、井上選手のタイムリーが飛び出し3点を追加し理想的な試合運びを展開する。投げては、エース望月が要所をしめて完封。オヤジーズが4-0で勝利した。

MAX GREAT 東京都草野球チームMAX GREAT大泉PHOENIXと対戦し完封勝ち。試合のほうはMAX GREATが先攻、大泉PHOENIX後攻でプレイボール。初回、MAX GREATは死球、エラーで一死一三塁のチャンスを作るが無得点に終わる。

大泉PHOENIXも先頭打者から出塁するも無得点。その後も、互いにランナーを出すものの得点できずゼロ行進。試合が動いたのは6回表、MAX GREATの攻撃。二死からヒット、盗塁を絡めて、二死三塁のチャンスを作る。ここで相手のエラーが生まれ待望の1点を先制する。

1点を追う大泉PHOENIXはその裏、死球、ヒットで無死一三塁と逆転のチャンスを作るが、MAX GREATがしのぎ1-0で勝利を飾った。好調・望月投手のオヤジーズと、粘りの野球で凌いできたMAX GREATが準決勝を戦う。

クローン 東京都草野球チームローンは参戦9年目。昨年の2部総合優勝チームであるAlcoholic.B.Cと対戦し完封勝利でベスト4進出を決めた。

クローン近藤投手、Alcoholic.B.C河村投手の先発。1回表クローンは先頭稲川がヒットで出塁し、送りバントに四球で1、2塁とすると神の右中間への2塁打で2点を先制。その後両投手の投げ合いとなるが、5回表クローンは井本のタイムリーで追加点をあげる。

先発近藤は6、7回とランナーを出すも無失点に抑え完封勝利。クローンが3-0で勝利。神代表「Alcoholic.B.Cの皆さん、梅雨の時期でしたが予定通り行えて良かったです。また、今回は遠征いただきありがとうございました。また機会があればぜひよろしくお願いします。」とたいへんジェントル。
初タイトル奪取へ爆走するか。クローンは次回、FORZAを5-1で下し初戦を突破した、優勝候補のHOLLYWOODと対戦する。互いに特別部で競い合った者同士、白熱したゲームに期待が高まる。


東日曜2部大会では、MilkyWaveライズネットドラゴンズCENTRAL3チームが豪快に打ち勝って、初のベスト4進出を決めた。


CETRAL 東京都草野球チームCENTRALBrave Heartsとの打撃戦を制した。
江戸川第二運動公園へ遠征しての1回戦。ゲームは、CENTRAL江川高之投手、BraveHearts榊原投手の先発マウンド。CENTRALは1回江川高之投手の立ち上がりを攻め3点を先制、続く2回も代わった堀口投手を攻め2点を追加。一方セントラルも、初回から毎回得点で10-5とする。最終回、BraveHeartsも2点を返すが10-7でゲームセット。

白熱した特典の奪い合いはセントラルが勝利。CENTRALは次回、決勝進出をかけてBreakersVSGCAサヴィアンズ(7.1)の勝者と準決勝で対戦する。

イズネットドラゴンズ交運社と対戦し1点差ゲームを勝ち上がった。1回表、2番越田のタイムリースリーベースで先制すると5回表にも、追加点をあげ4−0とライズネットドラゴンズが突き放す。しかし最終回6回裏に3点返され1点差に追い上げられるもライズネットドラゴンズが勝利。

GCAサヴィアンズ 東京都草野球チームMilkyWaveは猛攻。BEER GOLDと対戦し少ないチャンスを確実に活かして8得点。8-1で勝利し初のベスト進出を決めている。

矢木野桂一郎監督「西川様、この度はグランド調整等ありがとうございました。元気ハツラツなチームと対戦し、当方も大変勉強になりました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。」と非常に紳士。

ライズネットドラゴンズMilkyWaveが次回準決勝。勝者が8/19(日)上柚木球場での決勝戦に進出する。序盤からアグレッシブな攻撃がみられそうだ。


東土曜1部はジャパンカップ全国大会進出チームを輩出するまでのリーグとなり、JC加盟大会でも最も注目されるステージのひとつだ。

回大会でも旋風を巻き起こしたBUSTERSが渾身の完封劇でベスト4進出。
1回戦は2部準優勝経験を持つディアブロスと対戦し2回表にBUSTERSが2点を先制。3、4回にも追加点を加え7-0で完封勝ちを飾っている。特にここ数シーズンは俄然V候補の一角としてマークされるがまだ決勝進出の経験がなく今大会にかける思いは強い。次回準決勝は注目の的となりそうだ。

シェイカーズ 埼玉県草野球チームBUSTERSだけが早々に勝ち上がり四強入りした1部大会も、6.30にはシェイカーズVSBlueImpulseWhitetailsVS西宮スティングスというスーパーカードが実施される。
まるで決勝戦のような2カード。何しろシェイカーズは昨年2部総合優勝からジャパンカップ2011(2部)優勝。


Blue Impulse 東京都草野球チームBlueImpulseは2009年の1部総合優勝チームでジャパンカップ東日本ベスト4経験者。Whitetails、西宮スティングスの2チームはそれぞれ昨年の1部春秋ファイナリスト。という面々なのだから。
ジャンキーズBVSKSF雨天中止を乗り越えて7.1に再セット。KSFは埼京地区の主軸として鍛え上げられてきた強豪、一方のジャンキーズBはBlueImpulsを抑えての地区大会1位通過という期待のニューフェイス。

近年、ジャパンカップの舞台でも優秀な結果を残している「SC土曜1部」。ここで唯一初出場ながら決勝トーナメントに駒を進めたチカラは本物だ。


東土曜2部はいかほどか。

人s 東京都草野球チームNRI構研バッカスと歴代のファイナリストがトーナメントに名を連ねた。がしかし、こちらも新勢力の暴れっぷりが注目の的。初出場にして決勝トーナメントに駒を進めたArcstarsが激闘の主役になりそうだ。同ステージで唯一、初出場チームながら勝ち残っている。
総合順優勝の経験を持つ構研バッカスと対戦し9得点を挙げる猛攻で押し切った。ここは臨場感重視で、竹内秀明GMの報告をそのまま報じたい。

ームは2週連続の悪天候により順延されていた決勝トーナメント1回戦もこの日はどうにか開催。先行Arcstars、後攻構研バッカスでプレイボール。初回Arcstarsは、先頭の奥村が四球で出塁、その後2番の松島がヒットエンドラン、内野安打の間に奥村がホームイン、Arcstarsが先制。さらに2点を追加。初回から3点をリード。

その裏、立ち上がりに不安の残る先発竹内は、バッカスの先頭打者にいきなりの右安打を被打。このあと四球、味方の失策もあり満塁のピンチを迎え1点を失うも、なんとか切り抜ける。初回のピンチを切り抜けたArcstarsは得点を積み重ね計9得点。2回以降の竹内のピッチングは安定し、計2失点ながらも尻上がりに調子を上げた。5回からは瀧本にスイッチ。

瀧本は満塁のピンチを背負うものの0に抑え、ゲームセット。打線はつながったが、残塁も多く、課題として残った。また犠牲バント失敗も見られ、試合展開を悪くした点は反省が必要。次の準決勝までに修正が必要である。
竹内秀明GM「雨で順延が続きましたが、開催できて良かったです。グラウンド、審判の手配ありがとうございました。」と実にジェントル。

いう形でArcstarsがベスト4進出を決めた。Arcstarsは次回、昨年の春総合順優勝チームで初戦を6-5の僅差で勝ち抜いた人sと対戦する。Arcstarsが歴代ファイナリストを総なめにしてしまうのか!?果たして...

反対側の山では6.30に1回戦2発。NRIVSOMIYA-ZTOUCH OUTVSY's Infinityという好カードだ。前回大会、あのジャパンカップ(2部)準優勝まで勝ち上がったシェイカーズと互角の準優勝に輝いたNRIが激戦のキーマン。


西大会はゆったりとスタート。


DKK大阪 大阪府草野球チーム
ープニングゲームに登場したのは土曜大会のYBCDKK大阪の2チーム。
DKKは、初回から四球を絡め4番森田のタイムリーなど打者一巡で3点を取り2回にも追加点を上げ試合を有利に進めた。YBCはツーアウト満塁まで山下を攻めたがあと1本が出なかった。DKKが効果的に得点し、粘りのディフェンスで5-0で勝利した。

土曜大会、日曜大会とも歴代のジャパンカップ経験者がひしめく。これまで西日本代表チームとしてメガパワーズ(神宮球場、横浜スタジアム)、DKK大阪(神宮球場)、Duranty(横浜スタジアム)と出場経験があり東日本代表チームと魂の全国大会を戦った。「今年こそ」の思いで勝ち上がり、関西のチカラをみせつけたい。


[公式サイト] 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画 ストロングリーグ公式Twitterアカウント

 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ

トラックバックURL

   
  •   ブログパーツ

【大会記事/ストロングカップ2012(春)】決勝トーナメント熱闘!特別部中心に完封の山!ベスト4進出チームが続々!(2012年6月25日号) へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

【大会記事/ストロングカップ2012(春)】決勝トーナメント熱闘!特別部中心に完封の山!ベスト4進出チームが続々!(2012年6月25日号) へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

【大会記事/ストロングカップ2012(春)】決勝トーナメント熱闘!特別部中心に完封の山!ベスト4進出チームが続々!(2012年6月25日号) にコメントする
絵文字
 


 

 

草野球の殿堂-最新記事
草野球の殿堂-記事検索
草野球の殿堂-月別記事
草野球の殿堂-カテゴリー
人気の草野球ドーガ記事

 

草野球;ドーガ全部

 

草野球;JAPAN動画

 

草野球;チーム動画

 

草野球;投手動画

 

草野球:打者動画

 
ストロングリーグch /YouTube
OPEN!! ストロングリーグチャンネル
 

ストロングリーグは"YouTube"公式パートナー
です。ストロングリーグチャンネルを配信中。

逆アクセスランキング
アクセスランキング

貴チームサイトからの一定期間のアクセス数をさかのぼって集計し、ランキング表示してます。相互リンクでPR!参加方法はこちら (無料)

ブックマーク・RSSフィード

ブログランキング
人気ブログランキングへ


草野球ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 草野球へ
 

QRコード
QRコード
公式戦参加チーム様へ
新しいページ 22

ストロングリーグ公式戦参加チーム様へ...当ブログは、ストロングリーグ公式サイトと区別されていますが、ストロングリーグ最新情報の更新スピードをUPするため、公式サイトと連動し情報公開しています。重要事項は必ず、ストロングリーグ公式サイトトップページよりこちらへリンクするものとなりますので、公式戦参加チーム様は公式サイトのチェックをおこなっていただくことで当ページへのリンクを通じ情報を得られる形式となりますのでご安心下さい。常に公式サイトをチェックいただくことで重要事項へリンクします。

リーグ公式アカウント
   
 

ストロングリーグ公式サイト
[TOP] 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会
 
フェイスブック公式アカウント
ストロングリーグ公式フェイスブックページ 

Twitter公式アカウント
ストロングリーグ公式Twitterアカウント   
YouTube公式チャンネル
ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画

 
  リーグ戦:2012(秋)最終受付
   
  鳥谷敬選手オリジナルロゴブランド
鳥谷敬選手オリジナルロゴブランド
   
  井口資仁選手オリジナルロゴブランド
井口資仁選手オリジナルロゴブランド

   
 

   

 
 

全国軟式野球ストロングリーグ 草野球大会

  • ライブドアブログ

トップに戻る